【雨漏りの修理】知っておきたい費用相場と修理方法の紹介

最近、天井の隅にシミができたんだけどこれって雨漏りかな?しばらく様子を見てみようか・・・

覚えのないシミが突然できるとどうしていいのかわからなくなりますよね。雨漏りは放っておくと、雨水が住宅の木造部分に染み込んで腐敗してしまいます。いざ修理工事をしようとしても、腐敗が進んだ住宅は、大掛かりな工事になり費用も高額に。

安心して生活するために、雨漏りを発見したときは早めに対処することが大事です。また、雨漏りの修理が火災保険の対象になることも。雨漏りの修理をするときは、最適な修理方法と費用相場、保険適用の対象になっているかをチェックしましょう。

雨漏りするのは屋根だけじゃない!意外な場所が原因かも……

天井の雨漏りのシミ

雨漏りを発見したら

ポタポタと落ちてくる雨漏りには応急措置が必要です。まずはバケツやタオルなどで雨水が床や家具を濡らさないようにして、室内での被害を最小限に抑えましょう。

そして、原因となる場所と被害状況の確認が重要です。しかし、知識を持っていないと、その原因を突き止めることは難しく、ここからは業者にお願いすることをおすすめします。

雨漏りの原因は屋根だけではなく、外壁や内装まで範囲が広がることもあるからです。雨漏りを止めるだけではなく原因被害状況に合わせて修理を検討しましょう。

では、よくある雨漏りの原因と修理方法をいくつかご紹介します。

屋根からの雨漏りの原因と修理方法

瓦の破損・漆喰の劣化

瓦屋根

瓦にヒビが入ったり破損したりすると、雨漏りが起こりやすくなります。この場合は、雨漏りの原因となる部分、または屋根全体を葺きなおします。

瓦を固定し、防水の役目もある漆喰の劣化が原因の場合は、古い漆喰を取り除き、新しい漆喰を塗り直します。

スレートのヒビ・浮き

スレート屋根

スレートにヒビが入った雨漏りの場合、スレートを取り外し、新しいスレートに交換します。スレートの浮きが原因の場合は、浮いたスレートを再度葺(ふ)いて安定させます。

スレート・・・セメント成分に繊維質の材料を混ぜてできた薄い屋根板

棟板金(むねばんきん)の浮き・劣化

屋根を上から見た写真

棟板金の浮きや劣化が原因のときは、ヌキ材とあわせて交換修理をします。

棟板金・・・スレート屋根の最上部に被せる山形の板のこと
ヌキ材・・・貫板(ぬきいた)という建物の骨組みを水平方向に固定するための部材で、屋根では棟板金の中にある

 

 

外壁からの雨漏りの原因と修理方法

コーキング剤の劣化

ヒビが入った外壁のコーキング

外壁材のつなぎ目やサッシ周りのコーキングが劣化し、剥がれたり割れたりするとその隙間から雨水が侵入します。劣化したコーキング剤を取り除き、新しいコーキング剤を充鎮します。

コーキング・・・建築物において気密性や防水性向上を目的として、隙間を目地材などで埋めること

外壁塗膜の劣化

塗膜がはがれた壁

外壁塗膜の劣化により外壁の防水性能が落ち、外壁材に雨水が浸透することがあります。洗浄や下地処理をし、外壁塗装をし直しましょう。

外壁塗膜・・・塗料を塗って固まることで作られる塗料の膜のこと。外壁塗料には防水効果もあるが、塗料が経年劣化すると塗膜がはがれてくる。

 

他にもある雨漏りの原因と修理方法

窓からの雨漏り

窓のサッシと外壁の取り合い部分

窓の雨漏りは、コーキングの劣化が原因の場合がほとんどです。足場を組む必要がなければ、再コーキングなら1日程度で修理が終わります。ただし、出窓の場合は修理が長引くことがあります。

雨樋(あまどい)の雨漏り

雨どい

雨樋は外壁に直接関係ないように思われますが、雨樋にゴミが詰まると近くにある外壁に負担がかかることがあります。定期的に清掃しキレイな状態を保つようにしましょう。

ベランダの雨漏り

マンションのベランダ

ベランダで雨漏りが発生する場合、原因は外装や床にあることが多いです。床の排水状態がよくないために雨水が建物内部に浸食してしまったり、ベランダの床が劣化して階下に雨水が漏れたりすることがあります。排水口は異物を取り除いてきれいに掃除し、床の防水塗装をすることで解決できます。

ベランダ壁のヒビ割れが原因の場合は、外壁をめくって中の下地を補修する必要があります。

 

 

雨漏りの発生場所を特定し、水漏れ箇所に合った業者に修理を依頼することが重要。

雨漏りの原因は素人ではわからないこともあるので、業者に依頼しましょう。

雨漏りの修理、気になる費用をチェック!

COSTと書かれた積み木の上にコインが載っている写真

雨漏りの修理をしたいけど、どのくらい費用がかかるのかわからなくて……

 

雨漏りの修理は、リフォーム会社に依頼することができます。リフォームを行う際に気になるのは、費用がどのくらいになるかということですよね。費用は修理箇所によって違います。一般的な費用をご紹介します。

【修理箇所ごとの費用相場】

瓦・スレート屋根 1~45万円
棟板金 3~20万円
外壁 5~50万円
窓(出窓を除く) 3~25万円
雨樋 8~20万円
ベランダ 3~25万円

しかし、状況によってはさらに費用が掛かる場合もあります。次は、修理が高額になるパターンを説明します。

【修理が高額になるパターン】

経年劣化による雨漏り

屋根材、その下地が経年劣化により寿命を迎えている場合は葺き替え(ふきかえ)工事が必要になります。屋根の葺き替え工事には100~300万円くらいの費用が発生します。

大がかりな調査が必要なとき

雨漏りの修理を専門業者に依頼すると、その原因や場所を突き止めるために、あらゆる方法の調査を勧めてきます。散水調査・サーモグラフィー調査・発光液調査・解体調査など、作業費と機器を使用する費用が発生するため、通常よりも修理費用がかさむ傾向にあります。

  • 散水調査…~30万円。半日~1日程度水を撒き、雨漏りを再現する調査方法。調査費以外に水道代がかかる。
  • サーモグラフィー調査…10~40万円。水で濡れた部分は冷たくなるため、温度の違いで雨漏り箇所を調査する。
  • 発光液調査…5~20万円。専用液を流し紫外線をあてると、濡れた部分が発光することで雨漏り箇所を突き止める調査方法。
  • 解体調査…~10万円。屋根や下地の一部を剥がし、目視で確認する方法。

雨漏りを長期間放置したとき

発生したばかりの雨漏りとは違い、長いあいだ放置した場合には柱の腐食などが進んでいる可能性もあり、大がかりなリフォームが必要となってしまいます。雨漏りを放置して自然に治ることはありません。できる限り早急に対応しましょう。

 

雨漏りの状態や、建物の構造によって実際の費用は変わります。

正確な費用を知りたい場合にはリフォーム会社に見積もりを出してもらいましょう。

雨漏り修理が火災保険の対象になるかも!?

両手のひらの中に家のイラストがのっている写真

 

雨漏りの修理、火事でもないのに火災保険が使えるの?

 

「火災保険」という名称から火災のみが補償の対象と思う方もいると思います。しかし、火災保険には、落雷や風水害などの自然災害、盗難、破損、爆発などによる建物や家財の損害も補償範囲に含まれており、雨漏りの修理に火災保険が適用される場合もあるのです。

ここで大事なのは「自然災害による損害であると認められた場合」に保険適用の対象となることです。

では、雨漏り修理で火災保険が適用されるケース、適用されないケースをご紹介しましょう。

火災保険が適用されるケース

  • 台風や突風などの強い風によって、瓦がずれる(破損した)・雨樋が外れた
  • 雹(ひょう)が降って、天窓が割れた
  • 強い雨や風が原因で、瓦屋根の漆喰が崩れた
  • 雪の重みで雨樋が壊れた

※こちらは一例です。状況や調査によって保険の適用が認められない場合もあります。

火災保険が適用されないケース

火災保険に加入していても対象にならないケースもあります。火災保険適用外の例をご紹介します。

  • 建物の経年劣化による雨漏り
  • リフォームや増改築の施工不良による雨漏り
  • 風災・雪災・雹災による雨漏りと判断できない場合

※こちらは一例です。

保険金の請求期限は被害を受けてから3年間

保険金の請求には期限があることをご存知ですか?火災保険の請求期限は一般的に3年とされています。つまり、3年間は工事が済んだ後でも必要な書類がそろっていれば請求することができるのです。反対に、期限を過ぎると工事はまだ行っていなくても保険請求ができなくなり、保険金が下りません。

請求漏れを防ぐためにも、手元の保険証券をもう一度確認しておきましょう。

 

それでは、雨漏りが発生し損害を受けたときの保険金の請求方法と、保険が適用されるまでの流れを見ていきましょう。

  1. 保険会社・保険代理店へ連絡(請求のための書類を取り寄せる)
  2. 複数のリフォーム会社から見積もりをとる
  3. リフォーム会社を決める
    ◎火災保険を使った作業をしたことがある修理業者を選ぶ
  4. 保険会社からの案内・書類(保険金請求書・事故状況報告書・修理費見積書)の記入申請
  5. 保険会社による現場調査
  6. 雨漏りの修理工事を行う

まとめ

雨漏りを放っておくと、気づいたときには手遅れ。室内が水浸しになり焦って修理を依頼した結果、雨漏り修理の経験が少なかったり、高額な修理費用を請求されたり、業者選びを失敗してまうケースも少なくありません。そうならないように、雨漏りを見つけたら早めに対応!複数のリフォーム会社から見積もりを出してもらい修理を検討しましょう。

業者選びが難しいときは雨漏り検診士」「建築板金基幹技能者の資格を持ち、アフターフォローを重視してくれる会社を選びましょう!

 

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る