【家の修理をする前に】台風・自然災害の補修は火災保険をチェック!

突然の自然災害やトラブルで家の修理をする場合、いったいどれくらいの出費になるのかとても不安になりますよね。

このあいだの台風で雨漏りが…
こんなときに使える保険ってあるのかな?
大雨で雨樋(あまどい)が壊れちゃった!
突然の出費は困るわ…

 

でも、火災保険に加入していれば保険の補償対象に含まれているかもしれません。今回の記事では、火災保険の対象となる修理や保険金を受け取るまでの流れを詳しくご紹介していきます。

 

【意外と多い!】火災保険の対象になる修理

住宅の工事現場

「火災保険」とは火災にあった場合だけでなく、自然災害や日常生活での被害も対象に含まれる損害保険です。火災保険の補償対象として適用されると、建物を元の状態に戻す際に自己負担金が軽減されます。では、気になる火災保険の対象についてご紹介しましょう。

 

火災保険の補償対象とは?

消火器の積み木

  • 落雷による損害(落雷によって家電が壊れた、火災が起きたなど)
  • 風災による損害(強風や台風で屋根が破損したなど)
  • 水災による損害(台風や洪水による床下浸水・土砂崩れなど)
  • 空き巣に入られたときの盗難

火災と関係のないような日常生活における事故も補償対象になります。ただし、火災保険の補償対象となる修理は、損害を受けた建物を元の状態に戻すことが大前提です。

 

工事の例をいくつかご紹介します。

火災保険の補償対象になる修理
・風害によって破損した屋根や外壁、雨樋の修理

・雨や雪が原因の雨漏りの修理

・強風によって割れた窓の修理や補修

・集中豪雨や土砂災害によって起きた床上浸水の補修

 

しかし、長年放置していた箇所が雨漏りや強風で破損した場合には、火災保険の対象にはならないので気をつけてください。そのためには、日頃から住宅の定期的なメンテナンスを意識しておきましょう。

 

補償対象になるか、判断が難しい場合は?

火災保険の対象かどうかを判断できるのは、保険会社から依頼された「損害保険鑑定人」と呼ばれる第三者機関の調査員です。火災保険の対象になるかはどうかプロに確認してもらうのが一番です。

 

【火災保険】注意するポイント

 

補償対象をチェック

加入している保険によっては、すべての自然災害を対象にしているものとそうでないものがあります。契約書類の内容をしっかりとチェックしておくことが大切です。

 

補償範囲をチェック

住宅用の火災保険の補償は建物家財に分かれており、別々に契約が必要になるので注意してください。

※建物とは、建物本体や門・物置などのこと。家財とは、家の中にある家具や家電製品・衣服などのことです。

 

わが家の保険は建物だけ?家財だけ?それともいずれも補償対象?という点もあわせて確認しておきましょう。

 

【気をつけて!】補償対象にならない修理

家のCG

 

地震による火災

地震によって発生した火災の補償は地震保険からでないと支払われません。火災保険とあわせて地震保険にも加入しておくと安心ですね。

 

経年劣化による修理

長年の使用によって建物が劣化し、屋根や外壁にヒビが入ったことによる雨漏りは対象外です。すぐに保険申請をせず放置しておくと、いざ保険会社に調査を依頼した際に原因が特定できず経年劣化扱いにされてしまうことも……

 

故意や過失による火事

寝タバコや台所での不注意による火事は過失とみなされることがあり、故意でなくても補償対象からはずされる恐れがあります。火災保険で補償されないものをいくつかご紹介します。

 

火災保険の補償対象は保険会社の契約内容によって異なります。補償の申請をする前に確認しておきましょう。

火災保険で補償されないもの

・帳簿などの知的財産

・データなどの無形財産

・自動車や船

・現金、切手、有価証券など金銭的価値のあるもの

・動物、植物などの生物

 

火災保険でのトラブル

火災保険を悪用したトラブルも増えています。「火災保険で工事費が無料」といって訪問営業する業者には注意が必要です。

なぜかというと、保険金の金額が決定するのは保険会社の調査後なので、工事費の全額が火災保険の保険金でカバーできるかどうかは契約時にはわからないからです。工事終了後に少ししか保険金がもらえず、逆に自分の支払いが予想より高くなったという例は非常に多いです。

良質な業者が自ら「実質無料」と言ってくることはありません。

 

この他にもよくあるトラブルの例をいくつかご紹介します。

火災保険を悪用しようとする業者の例
・「これは危険です!」と急いで契約させ、解約を申し出ると高額のキャンセル料を請求する

・契約書内に「おりた保険金は全額いただきます」という内容を含めている

・火災保険申請代行を請け負う際、必要のない申請を増やし、申請代行手数料を騙しとろうとする

 

保険が使えるかどうかは保険会社が判断します。火災保険で安くなる!や、自己負担がゼロ!などと言って近づいてくる業者には騙されないようにしましょう。また、訪問営業では契約しないようにすることもトラブルに巻き込まれないために大切なことです。

 

火災保険の請求方法の流れ

書類と電卓

①修理業者に依頼

施工する業者の信頼度が、申請の許可に関係してきます。複数社に見積もりを依頼して信用できる業者に決めましょう。

 

②修理業者による現地調査・見積書の作成

修理業者が訪問し被害状況の確認・修理が必要な箇所を撮影します。 火災保険の補償対象と判断されたら、費用の見積書が作成されます。

 

③保険会社に連絡する

契約している保険会社に損害を受けたことを報告しましょう。その後、保険会社から送られてくる書類に必要事項を記入。保険金請求書・見積書・被害状況の写真などを提出します。

 

④保険会社による鑑定人の調査・保険金額の入金

保険会社が鑑定人に調査を依頼し、提出した申請書類と合わせて審査します。火災保険の対象と認定されると、保険金が指定口座に振り込まれます。

 

⑤修理業者と契約

保険の補償対象と判断された後、正式に修理業者と契約します。保険金が入金されたら修理業者に代金を支払い、工事スケジュールを決定・補修工事を開始しましょう。


保険法により、保険金の請求は損害が発生してから3年と定められています。

第95条(消滅時効)

保険給付を請求する権利、保険料の返還を請求する権利及び第63条又は第92条に規定する保険料積立金の払戻しを請求する権利は、これらを行使することができる時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。

[引用元:日本損害保険協会]

 

損害を受けてすぐは生活を元に戻すことに気を取られ、落ち着いた頃には火災保険の請求を忘れがちです。請求しないまま3年経過してしまうことがないように気をつけましょう。

 

まとめ

火災にあった場合にお金の心配を少しでも減らせる火災保険。実はこんなにも私たちの生活に心強い補償がついていたのです。「火災保険は火災だけのもの」と思って放っている修理箇所はありませんか?

この機会にご自宅の火災保険の内容と、補償対象になる修理はないか確認してみることをおすすめします。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る